業務用金庫の重量対策について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

0120-85-4128

受付時間10:00~17:00(土日祝休み)

お見積り お問い合せ

金庫の豆知識

業務用金庫の重量対策


業務用金庫の重量対策

業務用金庫は、非常に重たいものが多いです。
重いものになると、500キログラム以上のものもあり、重量対策が必要となります。
例えば、古い家屋や床の基盤がそれほど強くない家屋の場合、床が抜けてしまったり、床が痛んでしまうこともあります。
重量の重い金庫を導入する場合には、床の補強工事をしてから導入すると無難です。
賃貸物件などの場合も、床が金庫に耐えられるかどうかを不動産屋さんに確認するなどしてから導入することをおすすめします。
さらに、場合によっては、人が持てないような金庫もあります。
300キログラムを超えるような金庫の場合、四隅を人がそれぞれ持って移動させようとしても不可能になってきます。
機械で吊り上げて設置しないと設置できない重さの金庫もあり、引っ越すことが多いかなども考慮して重量対策が必要になってきます。
引っ越すことが多く、そのたびに専門の機械を使って金庫の引越しを行っていると、引越し料金が高くなってしまいます。
そういった時には、人が持てる程度のものを2つ購入するようにするなど、目的に合った重量を選ぶことが重要になります。
これだけ金庫の重量があるのには、二つのわけがあります。
まず一つ目として、金庫の頑丈さを維持するためという目的があります。
金庫は、ドリルやバールなどを利用して中身を盗ろうとされることが多いです。
ドリルなどで穴が開きにくく、バールなどでもこじ開けることができない金庫となると、鉄などの密度を高くする必要があり、自然と重くなってしまいます。
さらに、重量を重くすることの目的の一つに、すぐに持っていけないようにするという点があります。
重量が重いと、簡単には金庫は持っていけません。
開けるために、開けやすいところに移動させてから金庫を開ける窃盗犯は多く、そういった窃盗を防ぐための対策になっています。
金庫を部屋の隅などに配置しておき、作業させにくくさせている人も多いです。
しっかりと重たい金庫を部屋の隅に配置することで、防犯対策として有効となっています。
金庫を固定する器具なども販売されているので、どうも金庫の重さが軽すぎるという場合には、そういった器具で固定することもあります。
窃盗犯は、セキュリティ会社の人間が来てしまうことなどを考慮して、非常に早く犯行を済ませることが多いです。
この金庫は時間がかかりそうだと感じると、最初から狙わないことも多いです。
なるべく重たそうな金庫を設置しておけば、これは無理そうだと感じて、諦めてくれます。
このように、金庫の重量は、セキュリティと関係が深く、引越しや配置なども考慮して金庫を選んでみることをおすすめします。