業務用金庫の代わりとなる物について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

0120-85-4128

受付時間10:00~17:00(土日祝休み)

お見積り お問い合せ

金庫の豆知識

業務用金庫の代わりとなる物


業務用金庫に代わりになる物とは

業務金庫を購入しようか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。金庫は種類や耐久性、耐火性能にもよりますが、決して安いものではありません。
またタイプもたくさんあるのでカードタイプがいいのか暗証番号タイプがいいのかなど考えてしまう事も少なくないようです。
金庫は使ってみなければ使い勝手がわからないでしょう。大きさや設置場所はだいたい想像する事ができますが、鍵の開け方だけは実際に使ってみなければわかりません。
従業員がたくさんいる会社や、様々な人が金庫の開閉を行う場合に鍵穴タイプでは鍵の保管場所に悩んでしまうかもしれません。
こういった場合には暗証番号タイプがオススメになってくるかもしれません。
ちょっと使ってみたい、金庫を買おうか迷ってる、どんなタイプにしようか悩んでいるという方に対して、業務用金庫の代わりの選択肢として、現金を保管する先で悩んでいるのであれば まず銀行に預けてみるという選択肢があります。 数ある保管場所の中でも、極めて安全な場所であると言えるでしょう。銀行口座を開設しておき、そこに現金を入れておけば、安全管理の心配をする必要はありません。空き巣に盗難される心配もありませんし、いつでも必要なときに預金を引き出すことが可能です。会社として作る銀行口座は「法人口座」となります。個人名義の銀行口座を作るのと、それほど大きな違いはありませんが、会社の業務内容や経歴などが必要となる場合もあります。必要な書類や手続きについて聞き、準備する必要があるでしょう。会社を経営していくためには、銀行口座は必要不可欠なものだと言えます。現金の保管先としても、また振込や入金の取引にも利用することになります。公共料金の引き落としや、従業員への給料支払いの際にも便利に使えることでしょう。

しかし、現金の保管先としては「銀行口座だけがあれば、すべてオーケー」というわけではありません。銀行への入出金は、銀行やATMへと出向く必要があり、時間や手間で制限があるからです。入出金の際には、人がわざわざ出向く必要もあり、その分の人件費もかかります。「業務に必要だから」という理由で、いつでも素早く手元に用意できるとは限らないのです。商売に必須の銀行口座はもちろん用意するとして、それ以外にも、「手元に置いておく現金類を、安全にしまっておける場所」を用意する必要があります。

この「手元用の安全保管庫」としての機能を持つのが業務用金庫であるのですが、業務用金庫を購入する事を迷っている方にはまず貸し金庫を利用してみてはいかがでしょうか。
貸し金庫は様々なタイプ用意されていて、1日からでも利用する事が出来るようです。
また24時間出し入れ自由なところもあるので業務用金庫とほとんど変わらないでしょう。
変わるとしたら会社内にあるか、会社外にあるかの違いではないでしょうか。
様々な面倒から会社外にあると面倒という方は一度貸し金庫で試してみてから購入してみても失敗がなくていいのではないでしょうか。
業務用金庫はほとんどの場合返品やキャンセルをする事が出来ません。「やっぱり辞めよう」というキャンセルが出来ないのが業務用金庫なのです。
ですからきちんと納得した上で購入しなければなりません。貸し金庫の中には預けられるものの制限がある場合もあるので注意しましょう。
貸し金庫はここ数年でニーズが増えているようです。貸し金庫業者の中には稼働率が常に9割を超えている場合もあるようです。

業務用金庫に代わりになる物とは

業務金庫を購入しようか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。金庫は種類や耐久性、耐火性能にもよりますが、決して安いものではありません。
またタイプもたくさんあるのでカードタイプがいいのか暗証番号タイプがいいのかなど考えてしまう事も少なくないようです。
金庫は使ってみなければ使い勝手がわからないでしょう。大きさや設置場所はだいたい想像する事ができますが、鍵の開け方だけは実際に使ってみなければわかりません。
従業員がたくさんいる会社や、様々な人が金庫の開閉を行う場合に鍵穴タイプでは鍵の保管場所に悩んでしまうかもしれません。
こういった場合には暗証番号タイプがオススメになってくるかもしれません。
ちょっと使ってみたい、金庫を買おうか迷ってる、どんなタイプにしようか悩んでいるという方に対して、業務用金庫の代わりの選択肢として、現金を保管する先で悩んでいるのであれば まず銀行に預けてみるという選択肢があります。 数ある保管場所の中でも、極めて安全な場所であると言えるでしょう。銀行口座を開設しておき、そこに現金を入れておけば、安全管理の心配をする必要はありません。空き巣に盗難される心配もありませんし、いつでも必要なときに預金を引き出すことが可能です。会社として作る銀行口座は「法人口座」となります。個人名義の銀行口座を作るのと、それほど大きな違いはありませんが、会社の業務内容や経歴などが必要となる場合もあります。必要な書類や手続きについて聞き、準備する必要があるでしょう。会社を経営していくためには、銀行口座は必要不可欠なものだと言えます。現金の保管先としても、また振込や入金の取引にも利用することになります。公共料金の引き落としや、従業員への給料支払いの際にも便利に使えることでしょう。

しかし、現金の保管先としては「銀行口座だけがあれば、すべてオーケー」というわけではありません。銀行への入出金は、銀行やATMへと出向く必要があり、時間や手間で制限があるからです。入出金の際には、人がわざわざ出向く必要もあり、その分の人件費もかかります。「業務に必要だから」という理由で、いつでも素早く手元に用意できるとは限らないのです。商売に必須の銀行口座はもちろん用意するとして、それ以外にも、「手元に置いておく現金類を、安全にしまっておける場所」を用意する必要があります。

この「手元用の安全保管庫」としての機能を持つのが業務用金庫であるのですが、業務用金庫を購入する事を迷っている方にはまず貸し金庫を利用してみてはいかがでしょうか。
貸し金庫は様々なタイプ用意されていて、1日からでも利用する事が出来るようです。
また24時間出し入れ自由なところもあるので業務用金庫とほとんど変わらないでしょう。
変わるとしたら会社内にあるか、会社外にあるかの違いではないでしょうか。
様々な面倒から会社外にあると面倒という方は一度貸し金庫で試してみてから購入してみても失敗がなくていいのではないでしょうか。
業務用金庫はほとんどの場合返品やキャンセルをする事が出来ません。「やっぱり辞めよう」というキャンセルが出来ないのが業務用金庫なのです。
ですからきちんと納得した上で購入しなければなりません。貸し金庫の中には預けられるものの制限がある場合もあるので注意しましょう。
貸し金庫はここ数年でニーズが増えているようです。貸し金庫業者の中には稼働率が常に9割を超えている場合もあるようです。