業務金庫の利用パターンについて業務用金庫の専門販売店がお答えします。

0120-85-4128

受付時間10:00~17:00(土日祝休み)

お見積り お問い合せ

金庫の豆知識

業務金庫の利用パターン


活用される業務用金庫の場所

業務金庫を活用している会社や企業はさぞかし儲かっていたり、会社内にお金や重要書類を保管していると思われがちのようですが、今では業務用金庫を利用している会社や企業はほぼ100%に近くなっているようです。
業務用金庫といってもサイズや用途も様々になっていて本当に大切な書類などを入れておく金庫とちょっとした経費などを入れておく金庫との複数を使い分けている会社も少なくないようです。
例えば業務用金庫の中にはホテルや旅館の個室にあるような金庫も含まれています。簡単に操作出来るようにテンキータイプが多く、金庫一つあたりの金額も一万円からあるようです。
ホテルや旅館もいくら個室だからといっても被害が0になる事はなく、金庫を設置することで自己意識を高めると共に自己管理を進めているようです。
ですから旅館やホテルの開業の場合にはまとまった業務用金庫の注文が入ってくるようです。
また近年多くなっている業務用金庫の利用パターンはCDやDVD、ハードディスクなどのデジタルデータを保管する業務用金庫です。
今では重要書類などもほとんどがペーパーレス化していてデータ化になっているのではないでしょうか。
データ保存している精密機械は高温多湿に弱く、保管状況によってはデータが全てなくなってしまう可能性もあるようです。
ですから今ではよりデータの保管に優れた業務用金庫が注目を集めているようです。販売されている業務用金庫には様々な種類がありますが、一定の条件をクリアすることで与えられる規格があります。
この規格をクリアしていると金庫に対しての安心感や信頼も上がってくるかもしれません。また火災などから守る耐火金庫には防盗性能はありません。
ですから何に対して金庫が必要になっているのかというのも大切なポイントになってくるのです。金庫の種類によっては耐火性は非常に優れているがバーナーなどの故意的な攻撃にはすぐに壊れてしまう金庫もあります。
ですから利用パターンをしっかり決めてから購入することをオススメします。
同じ大きさでも耐久性と耐火性の業務用金庫は重さが倍以上変わる場合も少なくありませんし、中の構造も全く変わってきてしまいます。
複数の人間で利用するならテンキータイプが活用しやすいかもしれませんし、登録した人間しか扱うことが出来ないようにするには指紋認識タイプや顔認識タイプが人気になっているようです。
また複数のキータイプを選ぶ事が出来たり、併用することでより安心して金庫を活用する事が出来るようになるのかもしれません。業務用金庫は利用パターンによって幾通りの活用方法があります。
まずは自分が何に使いたいのかしっかり整理する事がスタートになってくるのかもしれません。