金庫の購入の流れについて業務用金庫の専門販売店がお答えします。

0120-85-4128

受付時間10:00~17:00(土日祝休み)

お見積り お問い合せ

金庫の豆知識

金庫の購入の流れ

カテゴリリスト

金庫の購入場所

金庫の購入場所について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

ホームセンターで取り扱う業務金庫
インターネットで業務金庫を購入

項目一覧 > 

業務金庫を運ぶ方法

業務金庫を運ぶ方法について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

ホームセンターから業務金庫を配送する
インターネットで購入した金庫の配送

項目一覧 > 


金庫の購入の流れ

これから業務金庫を購入する方、家庭用金庫を購入する方のために、金庫を購入までの流れについてご紹介します。

まずは金庫を選びます。価格はもちろんのこと、防犯性、耐火性に優れたものを選ぶことが重要です。カギのタイプも多いので、使いやすいものを。どれくらいの容量が必要なのか、外寸はどの程度が良いのか、金庫の重さはどの程度が良いのかなども考慮する必要があります。

ただ、初めて選ぶという方は選び方がいまいちわからないでしょうから、インターネットサイトを参考にしたり、取り扱いショップの詳細情報などを確認したりしながら考えましょう。多くの方が購入の際に悩むため、選び方のコツを紹介しているサイトはたくさんあります。例えば耐火を望む場合、中に何を入れるのかによって必要な耐火温度が変わってきます。特にデジタル系の光ディスクなどは、50℃ほどで変化が発生してしまう可能性があります。データの保管を考えている場合は現金よりも厳重な温度管理が必要になります。

OSD-D
エーコー マイスター 耐火金庫 ダイヤル式 OSD-D 110kg
キータイプは複数のものがあわさっていることもありますが、ダイヤル式、シリンダー式、テンキー式、指紋認証式などが多いです。なかには指静脈式、顔認証式といったものもありますが、価格は高めとなっています。


用途に応じて選ぶこともできます。家庭用やSOHO用なら比較的小型のものが人気といえるでしょう。オフィスや店舗で使うとなればそれなりのサイズが必要になります。またホテルや旅館などでは、客室に備え付けるための金庫が必要になります。部屋数が多いと大変なので、できるだけ安く、しっかりと貴重品が守れるものを選ぶのが良いでしょう。たくさんあって選びづらいということであれば、ショップに直接問い合わせてみるのがオススメです。

購入する金庫が決まったら、設置方法を決めることになります。これはショップによって方法が異なりますが、業務金庫の場合は重量が重いものが多いため、専門業者が設置するケースがほとんどです。その分作業料等はかかりますが、ケガ等の心配はなくなります。家庭用の小さなタイプ等ならば、自分で設置が可能なものもありますが、いざというときのために2人以上で作業したほうが良いでしょう。中には500キロを超えるような超大型の金庫もあります。こうなれば自分たちで行うのは非常に困難ですので、無理せず依頼しましょう。購入業者に設置までをお願いするのであれば、この時点でかかる費用がわかります。見積もりを確認して購入しましょう。


購入後も配送や設置が通常の宅配便等とは異なりますから、すぐに利用できるようになるとは限りません。設置日なども確認して、事前の用意をしておくと良いでしょう。