明暗を分ける!5分対策

By kinkopro, 2015年4月10日

お待たせしました。久しぶりの更新です。

年度末を迎える3月は、金庫販売も大繁忙期!
すっかり、ブログ更新が後回しになってしまいました。

4月=新スタートの月!今月からは、コンスタントな更新を目指したいと思います!
ところで、昨日のニュースご覧になりましたか?
イギリス ロンドン中心部の宝石店街で、金庫の大泥棒被害。

先週から復活祭(イースター)休暇の真っ只中のイギリスで休暇中に
金庫が荒らされ、大量の現金や宝石が盗まれたとのこと。

驚いたのは、その被害総額!!2億ポンド(日本円約357億円)とか。
357億と言われても、大き過ぎて庶民の私にはまったく想像がつかない、、、(°_°)

ちなみに、高さ1m・115Lの容量の金庫の収納量が約7億円なので
この金庫51個分ってことでしょうか!?
それでも想像がつかない大金(°_°)

どんな大泥棒だったのか、持ち出すのも大がかりだったはず!
何よりも早く捕まることを祈ります。

長い前置きになりましたが、
そんな金庫被害を未然に防ぐ、防盗機能付金庫の話。

金庫には、大きく分けて2種類があるのをご存知ですか?

・「耐火金庫」
・「防盗金庫」です。

耐火金庫は、字の通り、火災から中身を守る機能ですが、
防盗金庫は、実はとっても奥が深い!

というのも
防盗機能には、色んな種類があるんです。

最初の手口になることの多いバールこじ開け被害を防止する「耐破壊性能試験」(TS-15)をはじめ
電動ドリル、ハンマーなどの工具に耐える「耐工具試験」(TL)
さらには、ガス溶断機や電動ハンマーに耐える「耐溶断・耐工具試験」(TRTL)
と金庫によって段階的に防盗機能が搭載されています。
最近の被害は玄関にセキュリティシステムは導入されていても
5分以内に犯行を済ませてしまうパターンも!

だからこそ、その場での作業を行おうとした時に
諦めさせる機能がとっても重要になってきます!

ご家庭やSOHOでのご使用で、
「防盗機能はちょっと重すぎる」
「大げさすぎるのでは?」という場合は
警報機や固定など、+αの機能からまずは、知ってみてはいかがでしょう?
小さな意識と機能追加で5分の明暗を分けるんです!

まずは、
防盗金庫ってどんなのがあるの?ということから
知っていただきたいと思います。

ちょっと気になる、という皆様のために、
まずは導入編として、ご家庭にもおすすめできる防盗金庫をご紹介します!

◆サガワ・PC60
http://www.ekinko.com/categories/taikam/dial/items/PC60

◆日本アイ・エス・ケイ
http://www.ekinko.com/categories/taikam/dial/items/STS-50XA

◆エーコー・CSG-65
http://www.ekinko.com/categories/taikam/dial/items/CSG-65

ご興味のある方は、お気軽に
0120-85-4128まで!お問合せ下さい。
土田

おすすめ金庫ランキング