業務金庫の固定方法について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

即納をご希望の場合はお電話でご連絡ください。

0120-85-4128

受付時間 10:00~17:00 (土日祝休み)

カートを見る お問い合せ

金庫の豆知識

業務金庫の固定方法

耐火金庫 おすすめランキング

第1位 A125R3WRRED A125R3WRRED
¥38,703
第2位 MEK50-1 MEK50-1
¥33,333
第3位 DW30-S DW30-S
¥51,851
第4位 530EN88 530EN88
¥40,740

どうやって金庫を選ぶか

業務用金庫の設置および固定については様々な方法があります。 業務用金庫は重量が重い事が一つの特徴です。
一般的には200キロくらいまでの金庫が一番売れている傾向がありますが、中には500キロを超える金庫もあります。
200キロもあれば簡単には持ち運び出来ない重さなので、金庫だけポンっと設置しておけば、盗まれる事はないだろうと安心できるかと言うと、実際はそんなに甘くは無い様です。
近年では犯罪も多様化していて、たとえ200キロの金庫でも解読が難しいと言われるタイプの金庫でも被害にあっている事は紛れも無い事実です。
その様な事例があるので、自分の金庫をどうやって泥棒から守るかについて考える事は、被害に遭う確率を限りなく下げる事に繋がる有効な方法です。
金庫の設置や固定の方法もいくつかあり、金庫内から床や鉄板にボルトを連携させることによって持ち去りにくくしたり、ゴム足やキャスターと呼ばれるような簡易固定装置を設置したりする場合もあります。
これらの固定設置を施す事によって重機を利用したとしても、簡単に倒される事はなくなってくるようです。
金庫の設置場所や固定場所は金庫選びと同じくらい重要視されるポイントなのです。中身が何かによっても防犯性に長けていたほうがいいのか、耐火性に長けていたほうがいいのかなども変わってくることでしょう。
そして設置場所にも影響が出て来るかもしれません。金庫のキータイプによっても操作しやすい設置、固定場所も出て来るでしょう。
様々なポイントからその利用条件にあった設置場所、固定方法などがあります。やはり何千件もの金庫を設置、固定しているからこそわかるオススメの方法があります。
金庫の事は専門家でもあるプロに任せたほうが安心して利用する事が出来るでしょう。設置場所だけで被害に遭う合わないの岐路になる場合も少なくないようです。
業務用金庫も手提げ金庫から床下金庫まで様々な種類があります。床下金庫を希望される方はすでに建築されているのか、これから建築されるのかによっても設置方法が異なってくるようです。
床下金庫はフロアと一体型になるので建築途中で設置するのが理想といわれています。しかしどうしても既存の建物に床下金庫を設置したい場合があると思います。その場合には床の状態や周辺の環境などもお伝え頂く事で設置の可否がわかります。
大切な書類やお金を守る為の金庫にかかる費用は多少があがっても、金額以上の価値があるのではないでしょうか。