業務金庫の鉄板の必要性について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

即納をご希望の場合はお電話でご連絡ください。

0120-85-4128

受付時間 10:00~17:00 (土日祝休み)

カートを見る お問い合せ
【 年末年始の休業日のお知らせ 】
【休業期間】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで
年末最終営業日:2018年12月28日(金)12時まで
年始営業開始日:2019年1月7日(月)10時より
※2018年12月28日(金)12時以降にいただいたお問合せについては 年始の営業開始時間より順次対応させていただきます。
何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

金庫の豆知識

業務金庫の鉄板の必要性

店舗 おすすめランキング

第1位 P79画像 P79 ¥50,555
第2位 PC90T画像 PC90T ¥289,099
第3位 DE100画像 DE100 ¥84,675
第4位 PS-20画像 PS-20 ¥43,175
第5位 KCJ52-2ER画像 KCJ52-2ER ¥339,814

業務金庫のタイプと鉄板で覆う必要性

みなさんの職場には、業務金庫が置いてありますか。
業務上絶対に失くせない貴重品を、盗難や火災から守るために必要な業務金庫。
そして、一度購入したらしばらく利用することになる業務金庫。
ところで、業務金庫は永続的に利用できるというイメージをみなさんはお持ちでないでしょうか。
実は、日本セーフファニュチュア協同組合連合会という組織では、
耐火金庫の耐用年数を決めているのです。
みなさん、耐火金庫の耐用年数は何年だとお思いでしょうか。
実は、製造後「20年」としています。
製造後「20年」は、意外と短い気がしませんか。
もっと長持ちするイメージがあった方も多いしょう。
ただし、金庫を置く場所の環境や金庫の使い方によっては、
長持ちしたり早く使えなくなったりします。
それでも、一度業務金庫を購入すれば、おおよそ20年は使用するのです。
ですから、経済的に可能な範囲で、しっかりとした業務金庫を購入したいものです。
さて、業務金庫の代表的なタイプとして、耐火金庫と防盗金庫が挙げられます。
耐火金庫は、一般的に名の知れているおなじみの業務金庫。
火災から、貴重品や重要書類等を守るための金庫です。
そして、防盗金庫は火災から貴重品や重要書類等を守るのはもちろんですが、
それだけではなく、名前のとおり盗難からも貴重品や重要書類等を守るための金庫です。
どちらのタイプの業務金庫を購入するかは、みなさんのご判断次第です。
より防犯・盗難対策を意識して業務金庫を購入したいのであれば、防盗金庫がよいでしょう。
ただし、耐火金庫でも、全く防犯対策がないわけではない耐火金庫もあります。
ですから、業務金庫を購入の際に、どちらのタイプの金庫かだけでなく、
各金庫の性能を確認した上で、予算に見合った業務金庫を購入しましょう。
また、晴れて業務金庫を購入した後の管理も大事です。
業務金庫そのものの防犯性能を過信せず、可能な限りの自助努力による防犯対策も必要です。
例えば、業務金庫の管理に鉄板は必要です。
どういうことかと言うと、業務金庫の足回りを鉄板で覆う必要があるということです。
もちろん、業務金庫自体の優れた防犯対策に依存してもいいのですが、
防犯対策を完璧にするに越したことはありません。
業務金庫の足回りを鉄板で覆うことで、強盗犯が金庫へ手をかけ難しくなり、
持ち去りにくくなるという効果があります。
ですから、繰り返しになりますが、業務金庫の管理に足回りを鉄板で覆うことは必要なのです。
業務金庫そのものの性能と、業務金庫を管理する側のひと工夫で、
鉄壁の防犯・火災対策を行うことで、
安心して、日常業務に取り組める環境整備を行いたいものです。