業務金庫の鍵タイプの選定について業務用金庫の専門販売店がお答えします。

即納をご希望の場合はお電話でご連絡ください。

0120-85-4128

受付時間 10:00~17:00 (土日祝休み)

カートを見る お問い合せ
【 年末年始の休業日のお知らせ 】
【休業期間】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで
年末最終営業日:2018年12月28日(金)12時まで
年始営業開始日:2019年1月7日(月)10時より
※2018年12月28日(金)12時以降にいただいたお問合せについては 年始の営業開始時間より順次対応させていただきます。
何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

金庫の豆知識

業務金庫の鍵タイプの選定

耐火金庫 おすすめランキング

第1位 A125R3WRRED A125R3WRRED
¥38,703
第2位 MEK50-1 MEK50-1
¥33,333
第3位 DW30-S DW30-S
¥51,851
第4位 530EN88 530EN88
¥40,740

たくさんの鍵タイプがあります

業務金庫を選定する基準はいろいろありますが、鍵タイプもその判断基準となります。

伝統的な金庫と言えば、ダイヤルが付いていて、左に・・、右に・・と回した後、鍵やレバーを回すというもの。
このタイプは、昔からあり更に改良が加えられているために、安全性の面では申し分が無いと言えるでしょう。

ただし、その半面、どの数字をどちらに何回回すかといったことを正確に覚えなければなりません。
ある程度の期間繰り返していると、人間というのは自然に覚えてしまうもので、そういう点では誰でも扱えるタイプの鍵なのですが、毎回解錠までに時間や手間が掛かるのが難点です。

中には、ダイヤルはテープなどで固定してしまって鍵だけで開け閉めしている人、ダイヤルの数字と回す方向や回数を紙に書いて金庫の近くに貼ってある人などを見かけますが、それではセキュリティーは無いと言わざるを得ません。

一方で、現在金庫の主流となっているのは、テンキー式です。
数字などが書かれたテンキーが金庫の扉に付いていて、ATMなどで暗証番号を入力するように操作します。
このタイプの最大のメリットは、解錠する番号を簡単に変えられることです。
時々番号を変えることで、セキュリティー面が大きく向上します。

テンキー式のデメリットと言えば、頻繁に解錠番号を変え過ぎて自分でも解らなくなってしまう恐れがあること、そして、番号が合えば一定期間だけロックが外れる構造になっているため、解錠後席を離れたり、扉を閉める時にも番号の入力が必要だったりすることでしょう。

もしも番号を覚えたり鍵を回したりするのが面倒だという場合は、カチッと当てるだけで解錠されるマグネットキー・タイプの金庫もあります。

これらの他に、最新の技術を取り入れたタイプも利用が増えて来ました。
そのうちの1つが指紋認証のタイプです。
セキュリティーが厳重な施設に入ったり金庫を開けたりするような映画さながらに、指紋リーダーに指を当ててロックを解除するというものです。
指紋だけではなく、指の静脈や顔を認識させるタイプも、今はまだ高額ですが流通しています。

また、ICカード利用タイプも増えて来ました。
ICチップが内蔵されたものであれば代用できるので、携帯電話やスマートフォンで登録すれば、鍵となるカードがどこかに行ってしまったと探すことが無くなります。

なお、よりセキュリティーを高めるためには、2つ、3つの鍵タイプを組み合わせた金庫を選択するという道もあります。

蛇足ながら、業務用途では大勢が同時に使いますので、指紋認証タイプにしろICカードタイプにしろ、多くの件数を登録できる金庫を選ぶ必要があります。