耐火金庫と鉄板固定の作業を見てきました!

By kinkopro, 2017年6月28日

こんにちは。e金庫本舗の関です。


今回は金庫の搬入について。
私が先日、実際に見てきた作業について
みなさんにご紹介します。


大変大きなビルの一室へ、300㎏クラスの耐火金庫を搬入、
914×914×4.5mmの鉄板との連結固定でした。

10時頃に設置業者が到着。
金庫はダンボールに入った状態で、台車に乗っていました。
荷物用のエレベーターより、設置階へ。

 

【まずは設置】
事務所の入口から設置場所までは道板を敷いて移動。
固定用の鉄板と、金庫の底には穴が4つあいており、
金庫をゆっくり台車から降ろすと、鉄板の穴と金庫の穴を合わせます。

※小さな穴に300㎏の金庫を合わせるのは大変な作業!
金庫も鉄板も傷つけないよう、丁寧にゆっくり作業されていました。

 

【次に固定】
金庫の底からアンカーボルトを打ち込みました。
仕事に支障はありませんでしたが、少しだけ作業音が大きくなります。

 

【棚と引き出しの設置】
今回は1番下の部分に鍵付きの引き出しがあるタイプでしたので、引き出しも設置。

 

【最終確認】
ここまで出来たら、お客様に全体の位置を確認してもらいます。
大変重いので、後からお客様が移動するのは危険!
ここでしっかり確認していただきます。
パーテーションの端に合わせて、15㎝くらい移動。
動線も確保して、すっきりと設置出来ました。

 

【鍵の確認】
最後に取り扱い説明書や鍵などを渡して、開け方を確認して完了!!
お客様も大変喜んでくださいました。

作業自体は1時間位でした。


金庫の設置、固定方法
少し分かっていただけましたか?

他にもお問い合わせありましたら,
e金庫本舗0120-85-4128まで
お気軽にお問い合わせ下さい。


 

おすすめ金庫ランキング